一戸建て持ち家売却体験談

有名な上賀茂神社周辺の社家町

【有名な上賀茂神社周辺の社家町】

 

売却した我が家はここから徒歩5分の場所にありました。
家そのものの写真は現在の持主に申し訳ないので掲載できませんが、実話です。
PR 本物の体験談ですが、一部プロモーションを含みます。

2回の売却経験に基づいて

当サイトの管理人には一戸建ての持ち家を売却した経験が2回あります。

 

1つは京都北山の自分の持ち家を手放した時のこと。

 

その経験で知った売却の手順や高く売るコツなどを主に公開していきます。

 

もうひとつはそれより10年以上前に親から相続した大阪府池田市の家。

 

遺産分割のために売却したのですが、これも少し書いていきます。

 

京都北山の家

桜の季節の賀茂川

【桜の季節の賀茂川】

 

北山の家は京都市北区上賀茂にありました。

 

上掲写真の場所は京都随一の桜の名所ですが、これが徒歩5分でした。

 

北山は京都でも人気トップクラスの高級住宅地で、治安もよく、風景も素敵です。

 

上賀茂神社、社家町、賀茂川など京都らしい要素が豊富な街。

 

その一方、中央分離帯に並木が植えられた北山通は、ヨーロッパを思わせるモダンな雰囲気です。

 

バブル期におしゃれなアパレルショップやレストラン、バーがたくさんあったため、ほとんど消滅していた当時もまだ「おしゃれな街」のイメージをとどめていました。

 

こんな場所に私の家はありました。

 

南向きで広さは43坪ですが、景観重視の街らしく建ぺい率は50%。

 

家の前半分をガレージと庭にしていました。

 

家の前の道幅は6mで余裕があり、碁盤の目になった整然とした町並みでした。

 

購入時の土地の坪単価は95万円でした。

 

そこに夫婦で間取りを考え抜いた家を、某大手住宅メーカーに依頼して新築しました。

 

非常に愛着のある土地・家で、最初の10年は帰宅のたびに幸福感に満たされました。

 

しかし、10年を過ぎた頃からそれが薄れていき、1種のマンネリを感じるようになってきました。

 

内装も外装も経年変化が感じられるようになり、数年内にはリフォームや外壁塗装の費用もかかってきそうです。

 

それをやってそこからまた10年とか住むのか、思い切って環境を変えてみるのか。

 

どうしようかと迷っている時にご縁があって移転を決めました。

 

こうして16年住んだ家を売ることになったわけです。

 

大阪府池田市の家

阪急宝塚線石橋駅前

【阪急宝塚線石橋駅前】

 

両親の家は大阪市池田市にありましたが、最寄り駅は豊中市の石橋駅でした。

 

土地柄は特に高級住宅地でも下町でもなく、まあ普通の町という感じです。

 

もとは奈良の富雄という高級住宅地に住んでいたのですが、知らない間に住みかえていました。

 

母が息子の母校である大阪大学のそばに住みたかったようです。

 

とうに卒業しているのにちょっと変わった選択理由ですが、実際変わった人でした。

 

その母が癌で死去し、父を引き取ることになって、父や弟と遺産分割するためにこの家を売却することになったのです。